債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

自己破産や任意整理、司法書士に頼めないケースとは

自己破産や任意整理を行うのは自分一人でも可能ですが、資料を集めたり作成するなど多くの時間がかかってしまい、仕事をしている人には難しいことがあります。そんな時に依頼するのが司法書士や弁護士です。

どちらも借金問題が解決するまでサポートしてくれるものですが、司法書士には依頼を受ける時に制限があります。それは法律によって1社あたりの利益が140万円以下でなくてはなりません。この利益というのは「借金が140万円以上減額になった」という判断がなされています。あまりにも高額の借金の場合には、弁護士しか対応できないのです。