債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

過払い請求をできる人はしよう

テレビのCMなどでもおこなっている過払い請求ですが、実際に自身がその対象者なのかを知らずに請求を逃している人が大勢いるのです。

特に、借金の返済に追われている人の殆どはその対象者だと言われているほどなのです。

この過払い請求とは、借金返済に苦しんでいる人だけの問題ではなく、金融業者の殆どが違法の金利で貸付けをおこなっていたため、悪徳金融から借りていないから対象外というものではありません。

しかしながら、個人で申請をおこなっても、過払い金を返さないなどといった問題もおこっているため、法的な専門家の司法書士に依頼することが望ましいと言えます。

この違法の金利のことをグレーゾーン金利と呼ばれています。
このグレーゾーン金利で通常の金融業者が普通に設定していたのですから、対象者は膨大な数に上るとされています。

しかも、借りた人が過払い請求をおこなわなくては、返済の義務がないため、自身の過払いに気がつかない人が大勢いるのも不思議はないのです。