債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

連帯保証人にならず債務整理を避ける

たとえ誰か親しい人であったとしても、いかなる理由があっても、連帯保証人になる事は何としても避けたい所ですね。

もし、本当にお金に困っているのであれば、連帯保証人という形ではなくて、現金で必要なお金を貸し出すという事もできるでしょう。

連帯保証人になると借金を返済する必要がありますので、支払いが不可になってしまうと債務整理をしなくてはいけません。他の人の借金で債務整理をするというのは多大な迷惑と言えるでしょう。

迷惑をかける事はないからという人もいますが、承諾してサインをすれば、その時点で逃れる事はできません。

大変な事に巻き込まれてしまう可能性は十分にあります。