債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

司法書士でクーリングオフ

悪質な商法によって、本人は購入したいという気持ちがないにも関わらず、無理やり買わされてしまったり、またサービスの契約を強いられてしまう様な事があった場合には、後でクーリングオフという制度を活用して、解約するという手段も残されています。

でも、クーリングオフを適応するには、書類が必要になってきますし、限られた期限内に用意しないといけません。

自分一人ではできる自信がないという人は、司法書士に相談して行ってもらう事も可能です。

司法書士はこの様にクーリングオフの相談をする事もできます。
万が一、自分が被害に遭ってしまって困っているという人は、すぐに相談する様にしたいですね。