債務整理や過払い請求などは、自身だけの判断で決断するのではなく、まず司法書士に相談をおこなってみてはいかがでしょうか。

司法書士について知っておこう

司法書士という言葉は知っていても、実際にどのような依頼を受けているのか詳しく知らない人も大勢いると思います。

それは、司法書士の依頼内容は幅広く、なかなか細部まで知る人が少ないともいえます。
簡単に説明すれば、司法書士は依頼を受けて裁判所、法務局や検察庁などに提出する書類などの作成をおこないます。

また、登記などに関する手続きを代理で行うことも多いのです。
更に、債務整理の手続きや、相続問題なども司法書士が活躍しています。

この司法書士ですが、簡単に誰でもがなれるという訳ではなく、司法書士試験に合格した物だけが、業務をおこなうことができます。

この資格を得るには難易度が高く、合格率も低いのです。
ですから司法書士となった人は、少ない難関を突破したスペシャリストとも言えます。

その司法書士の合格率は平均2.8%前後とも言われており、国家最難関資格なのです。